遺言書の作成について

遺言書の作成は、「一生に一度」の、残された遺族に送る大切なイベントです。
遺言書を書くというこは、あまりいい言葉ではありませんが、遺言書の本来の趣旨は「自分の財産を誰に取得させるか」というものであります。

親族が仲良く暮らすのために
自分の遺産によって親族が争うことがないためにも、きちんとした遺言書を作成することは重要なことです。誰に何を相続させるかを「遺言書」によって、きちんと決めておくことによって、遺産の争いを防ぐことができ、感情的なトラブルの防止にもつながります。
残された親族がいつまでの仲良く暮らしてもらうことが、遺言者の一番の願いだと思います。

遺言書は自分だけでつくらないほうがよい!
遺言書の作成はいろいろな種類がありますが、トラブル防止・過去の事例・感情的なこと・法に基づいた様式などを考慮した遺言書を作るべきです。一生に一度のことですから、我々行政書士に依頼いただき、公正証書による遺言をつくっておくことを強くおすすめします

自分で作成された方の遺言書は、不備が多く、遺言書事態が認められずに無効となった事例をたくさん見てきたから、自信をもって言えることなのです。

当事務所は、遺言に関する様々な問題を総合的にきちんとお伝えし、お客様のご希望に添って、感情や法的な問題を考慮し、満足のいく遺言書の作成のサポートをいたします。

急ぎの案件や、ややこしい案件でもお気軽にお問い合わせください。

遺言書作成のチェック

下記にひとつでもチェックが入る場合は、遺言書を作成しておかないと、願いがかなわなかったり、自らの死後に残された親族が大変なことになることがあります。

  • 子供がいない方
  • 独身の方
  • 配偶者に相続させたい
  • 特定の子に、多くの財産を与えたい
  • 子の嫁に相続させたい
  • 家族以外の者に相続させたい
  • 身寄りがいない方
  • 子の世話になりたくない
  • 行方不明の家族がいる方
  • 内縁の妻や、連れ子がいる方
  • 前妻の子がいる方
  • 寄付をしたい方
  • 延命治療をしたくない方
  • 親亡き後の問題を抱えている方
  • 事業主の方、後継者問題がある方

サポート内容

このページのトップに戻る

無料相談お問い合わせ

MENU

対応エリア

大阪府 泉州地域
岸和田市
貝塚市
熊取町
泉佐野市
田尻町
泉南市
阪南市
岬町